vs. covid-19 Portal: ver.1.1aa

ABOUT

教員のマルヤマです。新型コロナウィルス対策についてまとめています。

ITEM

自分と誰かを守る道具

<自分を守(まも)る>
新型コロナウィルスに感染(かんせん)している人から、ウィルスがとばされたとき、鼻・口(はな・くち)から すいこんで、ウィルスに感染するのを ふせぐことができます。

<だれかを守る>
自分でもきがつかないだけで、じつは自分が新型コロナウィルスに感染していることもかんがえられます。マスクをしていれば、しゃべったり、くしゃみをしたりして、ウィルスをとばすのを ふせぐことができます。

消毒(しょうどく)用エタノールは、手・指(て・ゆび)など、ヒトのはだについたウィルスを殺す(ころす)ことができます。
※消毒は、「毒=ウィルスやバイキンを消(け)す」といういみです。

「エタノール」とは、びょういんでつかわれているアルコールですので、あんぜんです。ちゅうしゃを さすときに はだをふいているえきたいと おなじです。

新型コロナウィルスを殺すには、アルコールの濃度(のうど)が70%以上でなければ いけません。

わたし(マルヤマ)がつくったのは、濃度75%のエタノールです。これを、みなさんのへやにくばってもらいました。

次亜塩素酸(じあえんそさん)Na(ナトリウム)液(えき)は、つよいウィルスも殺す(ころす)ことができます。

消毒用エタノールよりも、コロナウィルスを すばやく、かくじつに殺します。
アルコールはインフルエンザウィルスを殺すことができますが、ノロウィルスは殺せません。
しかし、次亜塩素酸Naは、ノロウィルスを殺せます。そして ウィルスを すばやく 殺すことができます。

このえきたい、とてもこうかが つよいです。
ですから、ヒトの手・指など、ヒトのはだにつかうと、手・指が荒(あ)れます。手が荒れると、いたくて、ちがでます。

なぜなら、次亜塩素酸Na液とは、しょっきをしろくする「漂白剤(ひょうはくざい)」や、カビをきれいにする「カビキラー」などのスプレーにつかわれている えきたいを、水で うすめたものだからです。

※ウィルスを殺すためには 0.05%以上の濃度(のうど)の次亜塩素酸Naが必要ですが、わたし(マルヤマ)がつくったのは、濃度0.06%の次亜塩素酸Na液です

ちょくせつ えきたいを さわらないようにしましょう。もしさわってしまったら、水でよくあらいましょう。

台所洗剤希釈液(だいどころせんざいきしゃくえき)は、ウィルスを殺す(ころす)ことができます。

消毒用アルコールと同じで、コロナウィルスやインフルエンザウィルスを 殺しますが、ノロウィルスなどは 殺せません。
そして、次亜塩素酸Na液と同じで、手・指に使ってはいけません。

ヒトの手・指など、ヒトのはだにつかうと、手・指が荒(あ)れます。

なぜなら、台所洗剤希釈液とは、しょっきを あらう「台所洗剤(だいどころせんざい)」を、水でうすめたものだからです。

※台所洗剤の成分(せいぶん)の1つ、「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」は、新型コロナウィルスをまもっているバリアを消します。バリアの消えたウィルスは、死んでしまいます

台所洗剤希釈液は、いえで かんたんに 自分でつくることが できます。

USE

3つの消毒液のつかいかた

へやのそとにでて、へやにかえってきたら、かならず手・指を「30びょうかん」あらうか、エタノールで消毒しましょう。

いま、エタノール(アルコール)は とてもきちょうです。せかいのみんながほしがっているので、どこにもうっていません。だいじにつかってください。

ですが、もし、なくなってしまったら、寮にきたがっこうのひとにいうか、学校にスプレーをもってきてくださいね。

次亜塩素酸Na液は、手・指には つかえません。

ですが、モノ・空間(くうかん)の消毒には つかえます。

たとえば……

・ドアノブ
・でんきのスイッチ
・床(ゆか)
・テーブルや机(つくえ)のうえ
・おさらやコップなどのしょっき
・カーテンなどの布(ぬの)

ヒトがせいかつするばしょ、ヒトがよくさわるものには、次亜塩素酸Na液をスプレーして、布やティッシュやトイレットペーパーで ふきましょう。

次亜塩素酸Na液をかけて、ふく。これでモノについたウィルスは、すべてなくなります。

スプレーしただけでは、すきまがあるので かんぜんには消毒ができていません。かならず、スプレーしたあとに、ふいてください。

また、へやのなにもないところにスプレーすると、へやのくうきを消毒して、空間(くうかん)にいるウィルスを殺します。

もし、スプレーがなくなってしまったら、寮にきたがっこうのひとにいうか、学校にスプレーをもってきてくださいね。

1つちゅういです。
次亜塩素酸Na液は、時間がたつと こうかが なくなります。ほんとうは 2~3日したら、あたらしい えきたいに こうかんする ひつようがあります。

・手や指の消毒には 絶対(ぜったい)につかわないでください

・つかうときは、絶対に換気(かんき)してください

・塩素(えんそ)のニオイがします
※もしなにもニオイがしなかったら、新型コロナウィルスに感染(かんせん)しているかもしれません。まいにち次亜塩素酸Na液をつかって、ニオイをかんじるかチェックしましょう

・消毒したあとは、さらに水でふいてください(できれば)

・酸(さん)と混(ま)ぜないでください
※ヒトが死ぬくらいつよい毒ガスが発生(はっせい)します(トイレのそうじでは、ちゅうい!)

・酸性(さんせい)の商品(しょうひん)には、つぎのようなものがあります。ぜったいに「キッチンブリーチ」や、次亜塩素酸Na液といっしょにつかわないでください

・目(め)に入(はい)ったときは、水でよくあらって、すぐにびょういんにいってください

・さきにヨゴレをおとしておかないと、ちゃんと消毒はできません

・ドアノブなど金属(きんぞく)をふいたあとは、かならず水でふいてください
※いろがかわってしまいます

・布などの繊維(せんい)につかいすぎると、いろがかわってしまいます

・つくった次亜塩素酸Na液は、なるべく2~3日でつかいきってください
※時間(じかん)が たつと、消毒の効果(こうか)がなくなってしまいます

台所洗剤希釈液(だいどころせんざい きしゃくえき)は、手・指には つかえません。

ですが、モノの消毒には つかえます。消毒のほうほうは 2つあります。

【ふく】

ティッシュ・トイレットペーパー・布などに 台所洗剤希釈液を しみこませて、消毒したいものを ふきます。
そのあと、もう1ど 水で ふきましょう(そうしないと、ヌルヌルしてしまう)。

【浸(つ)ける】

台所洗剤希釈液を おさらなどに だして、そこに 消毒したいモノ(マスク・ぬの など)を いれます。
10分くらいしたら、いれたモノをとりだして、水で あらいます。

おなじく モノの消毒につかえる次亜塩素酸液Na液ではなく、わざわざ 台所洗剤希釈液を つかうひつようが あるのは、

たとえば……

・マスクの消毒
・スマホカバー(ケース)の消毒
・金属(きんぞく)の消毒

などです。

マスクの消毒には【つける】、スマホカバーの消毒には【ふく】が よいでしょう。

※マスクを【つける】消毒は次亜塩素酸液Na液で 同じことをやっても、ちゃんと消毒できます。しかし、次亜塩素酸Na液で【つける】とマスクが こわれやすくなるので、台所洗剤希釈液を つかったほうが よいでしょう

CRAFT

消毒液をつくってみよう

台所洗剤希釈液は、いえに あるもので、カンタンにつくることができます。

【よういするモノ】

・台所洗剤(中性がいちばんよい。なければ何性でもよい)
・空(から)の500mlペットボトル

・ペットボトルのキャップ

・ぬるま湯(ゆ)=30℃〜40℃の水

【つくりかた】

1.「台所洗剤」をよういします(しょっきをあらうときに つかう洗剤)

2.ペットボトルのキャップに 台所洗剤を 入れます(りょうは キャップがいっぱいになるまで)

3.キャップの台所洗剤を ペットボトルの中に 入れます

4.ペットボトルに「ぬるま湯」を入れます(りょうは ペットボトルがいっぱいになるまで)

5.ペットボトルを ふって、台所洗剤とぬるま湯を まぜます

6.これで完成です

―​

【ちゅうい】

・手や指に台所洗剤がついたときは、水でよくあらってください

・つくった台所洗剤希釈液は、1日でつかいきってください
※「マスクの消毒をしたい」など、ひつようなときに つくるようにしましょう

次亜塩素酸Na液は、自分でつくることができます。
たくさん使うモノなので、つくれるようになっておきましょう。

【よういするモノ】

・キッチンブリーチ
・空(から)のスプレー
・水(すいどうの水で よいです)

【つくりかた】

1.「キッチンブリーチ」をよういします(みなさんのへやに くばったもの)

2.ピンクのフタをあけて、キッチンブリーチのえきたいを 空(から)の次亜塩素酸Na液のスプレーの容器(ようき)に いれます

3.いれるりょうは、↑の写真くらいです(これで およそ6.3~6.5mlです)

4.↓の写真くらいまで 水をいれます(これで およそ250mlです)

5.スプレーの「トリガー」のスプレーのでるところを「×」マークにして、 容器につけなおします

7.スプレー容器を ふって、キッチンブリーチと水を まぜます

8.これで完成です

―​

【ちゅうい】

・つくるときは、てぶくろをして、手や指にキッチンブリーチがつかないように きをつけてください

・つくるときは、絶対に換気(かんき)してください

・酸(さん)と混(ま)ぜないでください
※ヒトが死ぬくらいつよい毒ガスが発生(はっせい)します(トイレのそうじでは、ちゅうい!)

・酸性(さんせい)の商品(しょうひん)には、つぎのようなものがあります。ぜったいに「キッチンブリーチ」や、次亜塩素酸Na液といっしょにつかわないでください

・目(め)に入(はい)ったときは、水でよくあらって、すぐにびょういんにいってください

・つくった次亜塩素酸Na液は、なるべく2~3日でつかいきってください
※時間(じかん)が たつと、消毒の効果(こうか)がなくなってしまいます!

FAQ

よくある しつもん

マスクは、「自分が新型コロナウィルスに感染している」と思って、他の人にウィルスをとばさないためにつける、思いやりの道具です。
もちろん、正しく使えば、「新型コロナウィルスに感染するのを防ぐ」こともできます。

マスクの正しい使い方には、↓のようなルールがあります。

 

・口から鼻(はな)を しっかりおおう

・マスクをつけているときは、首(くび)から上をさわらないようにする

マスクを作る方法は、たくさんあります。

その中でも1番かんたんに作れるのは、「くつした」を使ったマスクです。

下の画像と動画(ツイート)をさんこうに、自分の顔の大きさに合うサイズのくつしたで、マスクを作ってみてください。


出典元:rocketnews24.com

 

はい…とも言えるし、いいえ…とも言えます。

うがいは、しないより、したほうがいい……というのが答えです。

海外のみなさんなら しっていると思いますが、「うがい」は日本特有(とくゆう)の文化(ぶんか)です。そのため、日本以外で「新型コロナウィルス予防のために、うがいをしましょう」と言っている国はありません。

多くの日本人は知らないようですが、“うがいは ウィルス由来のかぜの予防に なにも効果がない”という研究結果(けんきゅうけっか)が出ています。
新型コロナウィルスについても、「うがいに効果がある」という科学的根拠(かがくてきこんきょ)=エビデンスがあるわけではありません(今の時点では)。
ですが、ウィルスを体の中に入れないという点で、口をゆすぐうがいは効果がある「かもしれません」。

ですから、大事なのは、なにか食べたり飲んだりする前に、「口の中をゆすぐ」ことだと言えます。

ポイントは、「口の中をゆすぐ うがい」ならOKということです。「上を向いてガラガラする のどのうがい」は、まわりに飛沫(ひまつ)をとびちらすため、NGです

じつは、“うがいは インフルエンザ予防に なにも効果がない”という研究結果(けんきゅうけっか)が何年も前に出ているのです。

ウィルスは、のどなどの粘膜(ねんまく)に入ると、すぐに吸収(きゅうしゅう)されてしまうらしいです。ですから、うがいの効果を期待するためには、24時間ずっと うがいをし続けなければならないのです。

厚生労働省(こうせいろうどうしょう)の公開している「インフルエンザ予防のガイドライン」にも、「うがい」は入っていません(マスク/せきエチケット、手洗いは入っています)。

はい、うがいよりも効果があります。

理由はかんたんです。顔のマスクでおおわれていない部分には、ウィルスがついている可能性がありますが、顔をあらえば、ウィルスをあらいながすことができるからです。
外から帰ってきたら、「手洗い+うがい」よりも、「手洗い+顔洗い」の方がよいです。

HELLO

こんにちは。
新型コロナウイルスは、あなたが何歳であろうと感染します。 そして「大切な人を死なせる」危険性があります。 自分を守ろうとすることは、誰かを守ることにつながります。 誰かを守ろうとすることは、自分を守ることにつながります。
Maruyama/マルヤマ
このWebページや配ったスプレーを作った人

© 2019 Japan Alps International Academy all rights reserved.